8386百十四銀行を優待・配当狙いで長期投資するメリットとは

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

ブログを書いている人

元証券ディーラー:めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスや現物の長期投資で取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。

⇒about

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

⇒優待タダ取り|株主優待クロス取引のやり方やコストについて

百十四銀行を株主優待・配当狙いで長期投資

百十四銀行を株主優待・配当狙いで長期投資する為に2020/3に現物で1単元購入しました。

銘柄名 百十四銀行
銘柄コード 8386
優待内容

香川県特産品(カタログより選択)

100株以上…2,500円相当

500株以上…5,0000円相当

配当金(年2回)

1株当たり45円(2019/3実績)

1株当たり40円(2019/9実績)

購入価格 1,800円
優待取得に必要単元数 1単元
投資金額 180,000円
優待・配当利回り(1年目) 6.11%
優待・配当利回り(2年目) 6.11%
優待・配当利回り(3年目) 6.11%
ミックス係数 1.5

10年チャート

優待・配当狙いの長期投資手法について解説しています。

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

百十四銀行を株主優待・配当銘柄として長期投資した理由

百十四銀行は10年チャートを見て投資するかどうか少し迷った銘柄です。というのも10年間何度も2500円くらいが支持線として機能していたのですが、そこを下抜けてしまい、2,000円を割ってその後更に奈落の底にいきそうな、そんなチャートだからです^^;短期投資では絶対に買いたくない銘柄ですが、優待・配当利回りも良いですし、ミックス係数も今月購入した7215ファルテックと同じく1.5と割安な数値を示しているので長期投資をすることに決めました。

ただ少し気になっているのは、業種が銀行の銘柄は比較的ミックス係数が割安の銘柄が多かったこと。銀行って金利が低すぎてあまり儲かっていないと思うんですが、今後のことを考えて誰も買いたがらないのか、他に何か割安な理由があるのか?この辺少し考えてみたのですがよくわかりませんでした。僕は後数年したら金利が上がっていくと思っているので、銀行が儲かる時代もまた来ると思っているんですけどね。

まあそんな未来の予想は抜いても、長期投資をするにあたって業種が偏り過ぎるのもリスクが大きいと思ったので1銘柄くらい銀行銘柄を入れたいと思ったのが本音です。他に候補としては四国銀行、北日本銀行、群馬銀行、山口フィナンシャルG等がありましたが、総合的に考えて百十四銀行に投資することを決めました。銀行は自己資本比率がとても低いのでそこもリスクがありそうです。5年10年と優待や配当金の改悪が無い事をお祈りしながら持ち続けようと思います。

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスで取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。