4246ダイキョーニシカワを優待・配当狙いで長期投資するメリットとは

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

ブログを書いている人

元証券ディーラー:めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスや現物の長期投資で取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。

⇒about

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

⇒優待タダ取り|株主優待クロス取引のやり方やコストについて

ダイキョーニシカワを株主優待・配当狙いで長期投資

ダイキョーニシカワを株主優待・配当狙いで長期投資する為に2020/3に現物で1単元購入しました。

銘柄名 ダイキョーニシカワ
銘柄コード 4246
優待内容

100株以上…500円相当のクオカード

※19年3月以降起算して3年以上継続保有の場合1,000円相当

配当金(年2回)

1株当たり17円(2019/3実績)

1株当たり15円(2019/9実績)

購入価格 535円
優待取得に必要単元数 1単元
投資金額 53,500円
優待・配当利回り(1年目) 6.54%
優待・配当利回り(2年目) 6.54%
優待・配当利回り(3年目) 7.48%
ミックス係数 3.34

※上記は全て購入時のデータです。

10年チャート

優待・配当狙いの長期投資手法について解説しています。

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

ダイキョーニシカワを株主優待・配当銘柄として長期投資した理由

2020年3月はもうこれ以上銘柄を増やすつもりは無かったのですが、コロナショックの影響であまりにも株価が下がっている銘柄が多かったので更に2銘柄追加しました。ダイキョーニシカワとエクセディです。

ダイキョーニシカワは優待・配当利回りが6.54%もあり、3年目にはクオカードが1,000円になることで3年目以降は優待・配当利回りが7.48%まで上昇します。しかもミックス係数は3.34と割安水準。

1年間で100万円~200万円くらいの金額を長期投資に回すつもりなのですが、3月現在で既に今年100万円を超える金額を長期投資に回してしまっています。今後も投資したいと思える企業が出ると思うので流石に一旦は投資するのを我慢しようとは思っていたのですが、コロナショックの影響でボラが大きな相場となりデイトレードで予想以上に儲かっている為少し資金に余裕があることと、後はコロナショックで大きく値下がっている銘柄が多い為、予定より多めに長期投資銘柄を増やしています。

デイトレで更に大きく儲かれば、今年の長期投資に回す金額は200万円を超える金額になる可能性もありそうですが、3月権利日の銘柄に関しては今回で完全に切り上げる予定です。毎年600万円くらい長期投資に回すことができれば5年で3,000万円。優待・配当利回りが5%だとしても年間150万円の収益が確保できるので理想的ではあるのですが…毎年600万の金額を長期投資に回すだけの資金を確保するのは流石に厳しそうです^^;

話は変わりますが、今現在のPERとPBRで見ればミックス係数3.34とダイキョーニシカワは確実に割安なのは間違いないのですが、他の銘柄も同様ですが今回のコロナショックの件でどの程度業績が落ち込んで、そしてその影響でミックス係数がどのくらい高くなるかまでは自分にはわかりません。この辺は実際に長期投資をしていきながら勉強していこうと思っています。割安なままでいてくれると嬉しいんですけどね。

 

 

 

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスで取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。