7278エクセディを優待・配当狙いで長期投資するメリットとは

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

ブログを書いている人

元証券ディーラー:めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスや現物の長期投資で取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。

⇒about

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

⇒優待タダ取り|株主優待クロス取引のやり方やコストについて

エクセディを株主優待・配当狙いで長期投資

エクセディを株主優待・配当狙いで長期投資する為に2020/3に現物で1単元購入しました。

銘柄名 エクセディ
銘柄コード 7278
優待内容

100株以上…3,000円相当のカタログギフト

配当金(年2回)

1株当たり45円(2019/3実績)

1株当たり45円(2019/9実績)

購入価格 1,834円
優待取得に必要単元数 1単元
投資金額 183,400円
優待・配当利回り(1年目) 6.54%
優待・配当利回り(2年目) 6.54%
優待・配当利回り(3年目) 6.54%
ミックス係数 4.26

※上記は全て購入時のデータです。

10年チャート

優待・配当狙いの長期投資手法について解説しています。

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

エクセディを株主優待・配当銘柄として長期投資した理由

コロナショックで大きく下げたところを購入しました。10年チャートで見ると1500円くらいが底値っぽいので、購入した価格(1834円)はまずまず良いとこではないかと思っています。まあ…1500円を下抜けることがあればどこまで下がるかはわかりませんが。1500円も割って更に下げることがあれば優待配当利回りが大きく上昇するので買ってくる人は増えそうではありますが。

優待・配当利回りは同日に購入したダイキョーニシカワと全く同じの6.54%です。ミックス係数は4.26と超割安水準です。割安とは言っても、今現在で見て割安なだけで、今回のコロナショックの影響で業績が大きく落ち込むようであれば割安とは言えなくなると思いますが。そこを考えていても仕方無いですし、自分が決めた売買ルールに従って長期投資をしていくだけですね。その売買ルールがおかしいと思えば今後少しずつ修正していけばいいだけです。

基本的に優待が貰える最低単元数しか購入していませんし、万が一致命的なミスをおかしたとしてもたいした損失にはならないと思っています。この辺が優待・配当を狙った長期投資のメリットですね。例えばJTの配当金を狙ってJTだけに資金の大半を投資している投資家をTwitterで見た事がありますが、万が一JTが配当金を減配したり停止したりしたらどうなるのかな?って思います。先日は日産が高配当と言われていましたが、配当金が停止されてしまいました。

優待・配当投資はこういったリスクが常にあると思っているので、まずは分散投資で値下がりリスクはもちろん、優待・配当改悪リスクをなるべく避けられるようにしていきたいです。しかし資金が増えて投資銘柄が増えていけばいずれは優待・配当投資をする銘柄が減っていくと思うので、そのタイミングで長期的に高配当が見込める銘柄に大きな金額を投資していきたいと思っています。

ちなみに、3,000円のカタログギフトに関しては内容を全く調べていないので、届くまで楽しみにしています。カタログギフトって聞くだけで割と内容は予想できるので、自分は多分お菓子を頼むことになりそうな気はしていますが。笑

 

 

 

 

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスで取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。