8963インヴィンシブル投資法人を優待・配当狙いで長期投資するメリットとは

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

ブログを書いている人

元証券ディーラー:めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスや現物の長期投資で取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。

⇒about

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

⇒優待タダ取り|株主優待クロス取引のやり方やコストについて

インヴィンシブル投資法人を株主優待・配当狙いで長期投資

インヴィンシブル投資法人を株主優待・配当狙いで長期投資する為に2020/3に現物で2単元購入しました。

銘柄名 インヴィンシブル投資法人
銘柄コード 8963
優待内容

10株以上…ホテル宿泊割引(宿泊ベストレートから10%割引)

※マイステイズ・ホテル・マネジメント運営「マイステイズ」ブランドホテル等で利用可

配当金(年2回)

1口当たり1,683円(2018/12実績)

1口当たり1,656円(2019/6実績)

購入価格 27,060円
優待取得に必要単元数 10単元
投資金額 54,120円(2単元購入)
優待・配当利回り(1年目) 12.3%
優待・配当利回り(2年目) 12.3%
優待・配当利回り(3年目) 12.3%
ミックス係数 2.11

※上記は全て購入時のデータです。

10年チャート

優待・配当狙いの長期投資手法について解説しています。

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

インヴィンシブル投資法人を株主優待・配当銘柄として長期投資した理由

REITはこれまで全く調べていなかったんですが、昨日今日あたりにTLで銀行がとある理由でREITを売りまくっているというのが聞こえてきたので調べてみました。銀行が売っているどうこうの真偽は僕にはわかりませんが、なんとREITの配当利回りが10%を超えている銘柄があって驚きました。チャートを見てもとにかく何でもいいから売ってきている感じだったので、ここは買ってみてもいいのでは?と思い、REITから利回りが高い2銘柄、インヴィンシブル投資法人といちごホテルリート投資法人の2銘柄を購入しました。

REITは利回り以外に何を見て売買判断を決めたらいいのかわからなかったんですが、REITも普通にPERとPBRがあったのでミックス係数も計算して、割安だと判断した上で購入を決めました。配当利回りは12.3%、ミックス係数は2.11と割安水準かつ利回りが恐ろしく高い水準です。ここ最近コロナショックの影響でREITは大打撃を受けているかもしれませんが、一時的なモノだとは思っているのでこういう安い時に購入しておくのは正解なのでは?と思っています。

インヴィンシブル投資法人はまだ2口しか買っていませんので、長い目線で少しずつ口数を増やしていくのはありなのでは?と思っています。REITに関して多分株主優待を目的として購入することはなく配当だけが目的なので、何口購入しても利回りが変わらないのも利点です。他の投資銘柄との資金バランスも考えながら、利回りが10%を超えている限りは少しずつ増やしていきたいです。

 

2020/5/12売却

長期投資として持つつもりでしたが、コロナの影響で業績が悪くなり、配当金額が30円というスーパー悪材料が出たため、翌日に売却をしました。下がったところを更に1枚買い増して、3枚購入の平均買い単価が24770円で、売却した価格が25000円だったので、ぎりぎりプラス(+690円)で逃げる事ができました^^;

リートはまだまだわからないことだらけですね。ちなみにインヴィンシブルはTwitterでめちゃくちゃ評判が悪い銘柄で驚きました。笑 配当利回りだけを見てリートは買わない方が良さそうかな…と思わされました。今後に活かしていきたいです。

 

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスで取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。