3299ムゲンエステートを優待・配当狙いで長期投資するメリットとは

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

ブログを書いている人

元証券ディーラー:めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスや現物の長期投資で取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。

⇒about

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

⇒優待タダ取り|株主優待クロス取引のやり方やコストについて

ムゲンエステートを株主優待・配当狙いで長期投資

ムゲンエステートを株主優待・配当狙いで長期投資する為に2020/3に現物で1単元購入しました。

銘柄名 ムゲンエステート
銘柄コード 3299
優待内容

クオカード

100株以上…1,000円相当

500株以上…2,000円相当

1,000株以上…3,000円相当

※6カ月以上継続保有の株主のみに贈呈。21年以降は1年以上継続保有の株主のみに贈呈に変更

配当金(年2回)

1株当たり25円(2020/12予定)

購入価格 463円
優待取得に必要単元数 1単元
投資金額 463円
優待・配当利回り(1年目) 5.4%
優待・配当利回り(2年目) 7.56%
優待・配当利回り(3年目) 7.56%
ミックス係数 3.74

※上記は全て購入時のデータです。

10年チャート

優待・配当狙いの長期投資手法について解説しています。

⇒株主優待・配当金で資産形成|長期的な視野で投資する基準について

ムゲンエステートを株主優待・配当銘柄として長期投資した理由

コロナショックで大きく下げた時に色々と長期投資銘柄を購入しましたが、そこから日経平均が大きく戻してから初めての長期投資銘柄の購入です。決算がちらほらと出てきているので明らかに悪くなりすぎているのは購入しない様に気を付けていますが、それでも基本的に1単元ずつしか購入していませんし、現状で割安銘柄なのであればコロナの影響で業績が悪くなっているのはそこまで気にしないのでもいいのかも…と考えています。

もちろん、やっている事業内容によりますが。飲食とかは気になりませんが、観光系の事業だと内容によっては今後生き残っていくのが厳しい会社もありそうですし、その辺は銘柄ごとに判断をしています。まあ…自分は未来を見る目はあまり無いので、結局は1単元ずつ幅広く買うことでリスク分散しているのでその中でいくつか倒産しても問題無いようにしていますが。リスク分散でたくさんの銘柄を持って毎年配当金や株主優待が貰えるようにしているので、その中から数社が倒産しても長期的に見ればそんなに痛くはないはずだと考えています。

 

ムゲンエステートもそうなんですが、最近不動産系の銘柄が増えてきたように思います。割安かつクオカードの優待を出しているのが不動産系の銘柄が多いんですかね?あまり同じ業種ばっかりに銘柄が偏るのは宜しくない事なので、しばらく不動産系のポジは作らない様に気を付けたいですね。リスク分散の為に様々なセクターに投資していくのが理想です。

ムゲンエステートは優待貰う為には半年以上持っておかないといけないので、今年は優待は貰えませんが来年以降は利回り7.56%になるのでこれだけ日経平均が戻している中でこの利回りは買いだと思いました。もちろん業績悪くなって配当金額が減ってしまえば駄目ですが…そこまでは自分には予想つきませんし考えても仕方の無い部分ですね。

 

6月優待で買いたい銘柄が後2つあるんですが、買えるかどうか…。もう少し下がったところ買いたいと考えているんですよね。一度買ったら売るつもりは無いので焦ってわざわざ高いか価格で買う必要も無いので、最悪買えなくてもいいかな…ってスタンスで気長に買うチャンスを待ってみようと思います。

1日1回クリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

2014/4より証券ディーラーとして仕事をし、2015/9より個人投資家に転身し専業投資家として生計を立てつつ、在宅でできるせどりやブログなどでも副収入を作っている。こちらのブログでは優待クロスで取得した株主優待を紹介し、取得に必要なコストや取得した理由などを記事にしている。株主優待を安いコストで取得し、生活を豊かにしていくことを目指している。